Top

むし歯を残したままホワイトニングするとどうなる?


ホワイトニングケアを行う際は歯に特殊な薬剤を使います。
使用する薬剤は刺激が強いため、虫歯があったり、歯に亀裂があるとしみて痛むことがあります。また、ホワイトニングには大きく2つの方法がありますのでそれぞれについて説明していきます。

オフィスホワイトニング(歯医者さんで行うホワイトニング)

Officewhitening

こちらは歯科医院で行うホワイトニング方法で、濃度の高い薬剤を使用してホワイトニングを行う事ができます。
虫歯が深い場合は、虫歯から薬剤が歯に染み込み、
しみ方がひどくなる可能性があります。虫歯が小さい場合、虫歯部分だけをカバーしてホワイトニングをすること出来なくはないですが、十分な効果を得られない可能性が高いです。ですので、できるだけ虫歯を残したままやるのはさけた方が良いと思われます。まずは歯科医師に相談して、虫歯の場所や状態からホワイトニングができるかどうか確認するようにしましょう。

ホームホワイトニング(お家で、職場で、ご自身で行うホワイトニング)

homewhitening

こちらは歯科医院ではなく家や職場などどこでもご自身で行って頂く方法になります。マウスピースのような容器を歯に被せて歯全体のホワイトニングを行います。よって、虫歯をよけるということはできません。虫歯がおありであれば、ホームホワイトニングを行うとかなりしみる可能性が大きいです。また知覚過敏もおきてくるのでかなりしみてきます。こちらもやはり虫歯を残したままやるのはおススメできません。

どちらの方法も虫歯があると大きくしみてしまったり、効果が出づらかったりと良い事はなさそうですね・・・。

ホワイトエッセンス渋谷歯科のホワイトニングの特徴

ホワイトエッセンス渋谷歯科のホワイトニングは、ホワイトニングだけ行なうイメージが強かったホワイトエッセンスに、歯科治療と矯正治療も融合させました。その中でも、ホワイトニングはもっとも自信のある治療となります。

また、ホワイトニングの施術の流れも順を追ってご説明しています。

ホワイトエッセンス渋谷歯科のホワイトニング

ホワイトエッセンス渋谷無料相談バナー

関連記事